ムサ通の会について

ムサ通の会は、
武蔵野美術大学 造形学部 通信教育課程 卒業生が集う同窓会です。

「ムサ通の会」の立ち上げに際し、会長役を仰せつかった森寛です。

私は縁あって武蔵野美術大学造形学部通信教育課程で美術における表現方法について学びましたが、通信教育課程のマンツーマン指導は、受講した者しかわからない厳しさだったと思います。しかし、その厳しさを克服して卒業しても、その後どのように自らの表現活動を展開していいのかわからないという方も少なからずいらっしゃいました。

そのような状況を見て、通信教育課程として同窓会のような組織があれば、いろいろ声掛けもできるのではないかと考えておりましたが、この度、多くの方々の協力もあって、待望の「ムサ通の会」が立ち上がりました。

「一人ではどうにもならないことでも、仲間がいれば何とかなる」の気持ちで、色々なことにチャレンジしてゆきたいと思います。また、油絵学科、工芸工業デザイン学科、芸術文化学科、デザイン情報学科と幅広いのも「ムサ通の会」ならではの面白さと考えております。

現在は白いキャンバスのような本会ですが、皆さんの参加によってどのような表現が出来るのか楽しみでもあります。なにとぞよろしくお願いいたします。

武蔵野美術大学通信教育課程同窓会(通称:ムサ通の会)
会長 森 寛 (’12年 油絵学科絵画コース卒業)